顎首ニキビ薬と治療方法

顎から首にかけてのニキビに効く薬とは?

顎から首にかけてのニキビは、その症状に効く薬で対処をしていきましょう。

 

ダラシンTゲルの効果と副作用

ダラシンTゲルはニキビに作用するものであり、ざ瘡治療用外用抗生物質製剤というネーミングがあります。ざ瘡はイコールでニキビといったところですので、菌の発育を阻害する物質である抗生物質であり、皮膚の上から塗るタイプの医薬品ということになります。殺菌作用がありますので、ニキビ治療のために効果を発揮してくれます。ダラシンTゲルの副作用としては、皮膚に乾燥を感じやすくなって、刺激がヒリヒリすることもあります。

 

ミノマイシンの効果と副作用

こちらもニキビへの働きかけは期待できるものです。テトラサイクリン系の抗生物質ですので、皮膚の細菌増殖を抑制する効果をもちます、ニキビの大元となる、アクネ菌に対しても効果を発揮します。アクネ菌を殺すのではなく、それを増やさない効果があります。副作用としては、一般鉄器には、めまいがあります。

 

アクアチムの効果と副作用

病院でニキビ治療で処方されるので、ニキビに効果的です。アクアチムは副作用は少ないものの、出るとしたら、乾燥やかゆみや刺激等です。

 

ディフェリンゲルの効果と副作用

まずニキビ以前の肌に働きかけるお薬です。軽い状態ならば、ディフェリンゲルでのケアでの効果によって、角質への働きかけがあるので、異常角化で毛穴の詰まりを予防します。副作用は、皮膚に感じるヒリヒリ感や、赤みなどの症状です。

 

ベピオゲルの効果と副作用

新薬だけに興味の高いものでしょう。ニキビへの効果をもたらしますし、保険適用での処方です。 高いレベルの抗菌作用を持っているのが、新薬のベピオゲルです。過酸化ベンゾイルが、メインになっている成分の医薬品です。ベピオゲルの副作用は、皮膚に生じる赤みやかゆみです。使用をしてから1週間程の辛抱であり、それからは肌が慣れてくるので、治まります。ニキビは1ヶ月くらい使っていると、改善を実感できるようになります。

顎首ニキビの治療方法〜皮膚科の治療方法

ニキビは頬だけにできるものではなく、額や項、顎や首といった箇所にも発生します。
頬にできるニキビに比べ、顎首ニキビは大人になってから発症することも多く、大丈夫だと思って放置することで治癒と再発を繰り返すことも多くあります。顎だけにあったニキビが首に広がり、患部が大きくなってしまうこともありがちで、それ以上の進行を止めるためには根本的な治療が必要となります。

 

繰り返すニキビは肌にダメージを与え、シミやくすみなどの原因にもなるため、早めに治療すると良いでしょう。

 

顎首ニキビに市販薬を使用することもできますが、きちんと完治させるためには皮膚科での治療が有効的です。市販薬での対処に比べ、皮膚科の治療方法とは通院の手間がある分だけ面倒に思われるかもしれません。しかし早急に治療するには、やはり皮膚科のプロである医師に診て貰うのが一番です。

 

顎首ニキビの皮膚科での治療方法は、ステロイドなどを利用した薬物療法のほかに、レーザー(フラクタルレーザーなど)を使用した方法、ケミカルピーリング(チタンピーリング・カーボンピーリングなど)を利用した方法などが存在しています。
元々の肌質や、ニキビの状態などによって使用できる治療方法も変わってくるため、自分の顎首ニキビにはどの治療が合っているのか医師としっかり相談して治療を行う必要があります。